ポケモンのタマゴの入手方法と孵化(ふか)について【ポケモンGO タマゴ 孵化】

ポケモンGOのアイテム「タマゴ」の入手方法とふかについて
詳しく解説しています。攻略の際に参考程度にご覧ください。

タマゴとは

タマゴの画像1

「タマゴ」とは、ポケストップから一定の確率で入手できるものです。

アイテムの「ふかそうち」を使い、中に入れて歩くことで、
タマゴからポケモンが誕生します
生まれてくるポケモンはランダムで、何が出てくるかわかりません。

尚、タマゴは最大所持数が「9個」と決まっており、
最大まで所持しているとポケストップからは出てこなくなります。

タマゴのkm(キロ)について

タマゴの画像2

タマゴには孵化させる為に必要な移動距離があります。

移動距離が長いほどレアなポケモンが出ます
なかにはハズレと思うものもありますので、
期待せずに孵化させましょう。

距離は「2km」「5km」「10km」の3種類になり、
「10kmタマゴ」の入手確率は低いです。

キロ数と主に生まれるポケモン一覧
km(キロ)数 生まれるポケモン
2.0 キャタピー、フシギダネなど
5.0 ナゾノクサ、ポリゴンなど
10.0 ストライク、ラプラスなど

孵化(ふか)させるメリット

タマゴの画像

移動して遊ぶゲームなので、ついでにポケモンが
入手できるならそれに越したことはないと思います。

ちゃんとメリットはあります。
タマゴが孵化したときに「ほしのすな」と「アメ」を入手します。
2つとも重要ですが特に重要なのは、「アメ」です。

レアなポケモンほどアメを集めるのは困難です。
ですがタマゴから入手するアメの量が多く、
だいたい20個ほど手に入ったりします。
通常では捕まえて3個、博士に送るで1個入手します。

強化と進化の両方でアメは使います
強化の方では「ほしのすな」も使います。

まとめ

「ふかそうち」は重要なアイテムです。
捕まえるほうが面白いですが、
ふかさせてレアなポケモンが出てきたら
それはそれでいいと思います。

歩くのはしんどいですが、
ポケモンのために頑張りましょう!

あと、時速10kmまでで移動しないと
カウントされないので気をつけましょう。